38歳。未だに独身。結婚することはできたのか、できなかったのか・・・・
でも、そろそろ今後の人生をどうするかを真剣に考えなければ・・・・
ということで、こんな私の日常を書いてみようと思います。


これを読む人は、くれぐれも、私の愚痴に不快な思いをしないようにお気を付け下さい。



トップページ 未婚率を考えてみた 結婚という幸せについて
幸福についての名言 結婚相手の条件 今後のための資金
幸せを感じるとき 結婚を決める時 好きなお酒、まずはビール
好きなお酒


結婚という幸せについて

今考えると20代のころは、
幸せな結婚することが人生最大のテーマだったはず。

まずできるだけ早く結婚したい、
という思いがあった。

でも早ければいいなんてことは何もない、
というのがすぐわかった。

早く結婚しちゃう人がそんなに
幸せには思えなかったから。

若くして結婚した友人は、経済的にも
余裕がなかったから大変そうだったし、
仕事と家事においまくられていつも疲れていた。

そうこうしているうちに子供ができて、
出産とともにもうどっぷり家庭に入ってしまった。

どうしても自分より家庭第一に重視で、
自分の時間なんかもてなくなっている。

あんなにきれいにしてたのに、おしゃれもせず、
ブランドものも買わず、友達と遊ぶことも減り、
飲みにいくことなんか考えられない、という状況。

たまに会っても帰宅時間を気にしている
友人とはあまり盛り上がれなくなってしまう。

夫がいて子供がいて、守ってくれる人がいて、
守る存在がある、それだけで幸せ、
というのはわからないわけじゃないけど、
ほんとかいな、と思うし、ましてうらやましいなんて思わない。

かつては一緒に海外旅行へ行っては
ブランドものを買いあさり、エステに通って
自分磨きに精を出し、仕事帰りにはおいしい
お店を見つけてはあちこち出かけ、
おしゃべりの話題もつきることなく豊富だった友人も、
結婚してしまった今は会っても価値観が全然違って話が
かみあわなくなってしまっている。

見てる世界が全然違うんだもの。

家庭に入って子育てして、夫の帰りを
待つことがあの時の夢だったっけ。

と聞いてみたくなる。

でも逆に果たして自分はどうなのだろう。
この年まで一人で頑張って仕事してる
自分を夢みていたわけじゃなかったはず。

幸せって人が判断するもんじゃないから、
結局自分が幸せだと思えばそれでいいんだろうな。

彼女は彼女なりに幸せなんだし、
私だって今は幸せだ。

しいて言えば結婚は将来もなんとなく見えている
安定した幸せで私みたいのは先の見えない幸せなのかもしれない。

でも今は幸せだからそれでいいや。

http://news.mynavi.jp/series/dokushin/049/index.html
いつまで独身でいるつもり・・・って余計なお世話だ。