身長と体重の割合であなたの肥満度が分かる
計算方法は、いたって簡単!(体重kg)÷(身長mの2乗)です。
これが21になるのが日本人の平均です。
これは、肥満気味な人を対象に編み出されたものなので、
あと少しやせたいと言う方には、甘いかもしれません。
ただしこの指数が25以上だと痩せた方が身の為です。
体脂肪率とこの肥満度をいつも気にしておいてください
diet.com商品紹介へ→



少々「食べ過ぎ」気味の最近の日本人。みんなが心のどこかで、肥満を気にしている。
そして「健康にも悪い」ことは充分に分かっている。
しかしどちらかと言うと「健康」より「スタイル」の問題と考えていないでしょうか?
男性も女性もスリムでないと、なかなかモテない現代。
少しでもお腹が出ていると「ちょっとカッコ悪い」・・・。
だからこそ、健康には良くない、無理なダイエットもする。
しかし肥満で問題なのは、「格好」ではなく「健康」。
よほどの肥満でない限り、体は痛くも苦しくもない。
しかし将来、確実に生活習慣病につながる「病気」なのです
普通「病気」と言われれば、きちんと予防・改善しよう!と思うでしょう。
風邪なら、ひかないように気をつけたり、かかったら治そうとするはずです。
しかし肥満は「スタイル」として考えられやすいため、
正しい知識で予防されず、現在、治すのが難しい「病気」になってしまっている。
また、やせていても体の中には脂肪がたまっている「かくれ肥満」も増えています。
「健康」という視点から肥満を考えなくてはいけない時代です。
diet.com商品紹介へ→



「脂肪」の種類は主に3種類
*中性脂肪
皮下脂肪 皮膚の下について、細胞の「数」を増やして体脂肪を蓄えていく。
たまりにくいタイプの脂肪だが、一度つくと分解されにくいので、なかなか減らない。
*内臓脂肪 肝臓や心臓など、内臓の周りにつく。
主に、脂肪細胞の「中身」を膨らませて体脂肪を蓄えていく。たまりやすく、分解もされやすい。
つまり血液の中に溶け出し、血中脂肪になりやすい。
*血中脂肪とは血液の中に溶けている脂肪のこと。
動脈硬化などを引き起こし、糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病の原因となりやすい。

これらの生活習慣病は確実に私たちの身体を弱体化させます。
そこでダイエット食品の登場です
これらの食品と運動で筋肉を落とさず脂肪を
燃焼させる事がダイエットへの近道なんです。
diet.com商品紹介へ→

適度な運動と規則正しい生活、自ら健康を管理する
 意識が大事です、このサイトが貴方の健康の
 お役に立てることを祈ってます



Thank you for reading.


Copyright (C) 2002 DIET.COM All Rights Reserved.


home
ダイエットコムへ

ダイエットコム人気サプリメントBOWS セルライト対策品 ローズヒップオイル ターボセル  ゴーヤ茶 バストアップ   ビール酵母
  アミノ酸    花粉症対策品 サンヨーデルラップシステム ゼナドリンEFX ヌーブラ ジュアールティー サプリメント一覧
    スリムスリープ  バディエット ピルボックス フリーリンク集1・2・3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14・15・16・17・
ミラーサイト キュリオシティ  ビッターズ inofoseek  rocketbeach  カメラコム 美容コム